初期食|ゴックン期(5ヶ月~6ヶ月)

写真付き離乳食レシピ♪ブロッコリーペーストの作り方|初期食(5ヶ月~6ヶ月)ゴックン期向け

この記事では、離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)のゴックン期のレシピである、
「ブロッコリーペースト」の作り方を、調理工程の写真付きで分かりやすく解説しております。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

今回は、ブロッコリーを使った初期食(5ヶ月~6ヶ月)レシピ、
【ブロッコリーペースト】を作ってみました。

クセのない味で、冷凍保存も可能、他の材料とも合わせやすい万能食材です。
作り置きをしておけば、しばらく手間が省略されます♪
今回参考にしたのは、下記のレシピ本でございます。

はじめてママ&パパの離乳食 (主婦の友実用No.1シリーズ)

はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)

はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)

1,404円(09/18 23:23時点)
発売日: 2015/01/15
Amazonの情報を掲載しています

はじめてママ&パパの離乳食の18ページに掲載されております。

■ブロッコリーペーストの作り方|離乳初期(5ヶ月~6ヶ月)

18-05-30-23-51-32-442_deco

離乳初期から使える、ブロッコリーのペーストです。

ブロッコリーには、ビタミンCやビタミンEをはじめ、食物繊維が豊富。
また、鉄分、カルシウムも豊富な緑黄野菜です。

火の通りも早く、アクもでにくい、使いやすい野菜です。

選び方の基準としましては、花蕾(からい)が固く締まっていて、
ずっしりとした、重量感のあるものがいいですね。

ちなみに、離乳食で使う場合は、花蕾(からい)の部分を使いましょう。
茎の部分は固いうえ、繊維があり、離乳食には適していません。

離乳食を進めるにあたり注意事項としまして…

  • 離乳初期(5ヶ月~6ヶ月)の食事回数は、1日1回です。
  • 午前中(10:00頃~)に行うようにしましょう。
  • 新しく挑戦する食材は1日1品目です。
    (特定の食品のアレルギー反応を見るため)

上記のポイントにお気を付けくださいませ!

■ブロッコリーペーストの材料と作り方

●ブロッコリーペーストの材料&調理器具

18-05-30-23-46-07-373_deco

●材料

  • ブロッコリー 作りたい量
    (※花蕾の部分を使いましょう)

●調理器具

  • すりこぎ(つぶすもの)
  • うらごし器

●カットしたブロッコリーを茹でる

18-05-30-23-47-17-265_deco

まず、カットしたブロッコリーを茹でます。
この時の注意点としては、ブロッコリーの柔らかい部分である花蕾(からい)の部分を使います。
ブロッコリーは火が通りやすい食材です。

●茹でたブロッコリーをつぶしてなめらかにする

18-05-30-23-48-08-060_deco

茹でたブロッコリーは、うらごし器等を使い、つぶしていきます。
うらごしをする前に、包丁で刻んでもOK。少し潰しやすくなります。

18-05-30-23-48-59-291_deco

すりばちですりおろしてもいいですが、うらごしの網を通す事で、
かたまりや繊維が取り除けるので、よりなめらかになります。

ここでしっかりと、こす事ができれば、口当たりがよくなり、赤ちゃんも食べやすくなりますよ。

●ゆで汁を加え、なめらかなペースト状になれば完成

18-05-30-23-50-37-148_deco

なめらかになった部分だけを、使いましょう。
トロトロにする際は、ゆで汁等を少しずつ加えて、調整しましょう。

18-05-30-23-51-32-442_deco

ちなみにブロッコリーペーストは、冷凍保存が可能です♪
いろんなレシピと組み合わせやすいので、作り置きしておくのもいいですね。

使いたい時は、製氷皿から一個だけ取り出し、レンジでチンします。
少量のお湯を少しずつ加えてなめらかに溶かせば、一品出来ます♪
また、他の野菜ペーストと混ぜてみるアレンジや応用も、しやすいですよ。

ABOUT ME
あつみ先生
あつみ先生
こんにちは!男性保育士のあつみです。 普段は本家サイト「あつみ先生の保育日誌」にて、 保育士向け&保護者さま向けの情報を発信しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク