離乳食の基礎知識

「母乳やミルク飲んでるし、まだ離乳食はいいよね?」5~6ヶ月を過ぎると、食事から栄養とをる事が必要です。

「離乳食を始めたけど、食べてくれない…
でも母乳やミルクを飲んでれば、大丈夫だよね?」

離乳食を始めるのって、ママにとって、負担が増える事になります。
離乳食に挑戦するのが億劫、不安、またやる事が増える…と考えると、プレッシャーですよね。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

今後、あなたが赤ちゃんに関わるうえで、
困らないようにするため、 ストレスをためないように…
そのための、正しい知識をお伝えしようと思います♪

この記事では、母乳やミルクだけでなく、離乳食が必要な理由をお伝えします。

■【結論】成長に伴い、必要な栄養も増えてくる。
離乳食の最初の一歩、すすめてみよう!

f27d3ed1965d42df1ed5400d49392cec_m

生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、母乳は最高の栄養源です。

しかし、なぜ、離乳食を始めるタイミングは、5~6ヶ月頃なのか?という事ですが…
離乳食の開始の目安とされる、5~6ヶ月頃って実は、母乳の栄養がどんどん、減ってくる時期なのです。

そして、赤ちゃんも、生まれてから、どんどん成長してきています。
成長して大きくなる事により、必要な栄養も、どんどん、増えてきます。

赤ちゃんの体に必要な栄養量が増えるのに、
母乳の栄養は減っていく…という、二つの要素が重なるタイミングが、
離乳食開始の5ヶ月~6ヶ月頃、と言う事です。

「ミルクなら栄養は大丈夫でしょ?」

と思うかもしれませんが、やはりそれでも、成長するにつれ、栄養としては物足りなくなってきます。

●発達には個人差があります。
食べない場合は、まだ早いのかも?

赤ちゃんが離乳食を始めるタイミングとして一般的なのは、5ヶ月~6ヶ月頃です。
しかし、発達のスピードには個人差があります。
5~6ヶ月が来ても、食べ物から栄養をとる事が必要な段階まで、成長してないのかもしれません。
もし、離乳食を食べる段階まで来ていない時は、無理に始めなくてもだいじょうぶです。

大人が食べている食べ物に興味を示したり、
よだれがダラダラ出てくるようなら…
赤ちゃんの気持ちと、食べる準備はOKです。
この反応がでたら、離乳食開始のサインでもあります。
(よだれが出ない子もいますが)

●乳糖を分解しにくい時期がある。

babyFTHG7601_TP_V

赤ちゃんには、10カ月~1歳頃にかけて、
母乳に含まれる糖分である「乳糖」を分解しにくくなる時期があります。
つまり、母乳から栄養がとても取りにくくなる、と言う時期です。

この時期に母乳だけですと、

「おっぱいだけ飲んでも満足できない!栄養も足りないし、機嫌悪い!」

という事になります。

そのため、食べ物から栄養をとる必要がある…という事です。
少しずつでも、離乳食を食べられるようになるために、してあげたいですね。

●さらに、7ヶ月過ぎると、鉄もなくなる

6176ae7f83f5fa7b3072cf9725a7cdfd_m

赤ちゃんは、生まれた時から、鉄分を体の中に蓄えています。
ママのお腹の中にいる時に、ママから鉄分を受け取っているのです。

赤ちゃんがもともと持っている鉄分を「貯蔵鉄」と言います。
しかし…7ヶ月を過ぎると、この貯蔵鉄もなくなります。

別の記事で解説しますが、鉄が不足すると、
「鉄欠乏性貧血」という、取り返しのつかない症状が出ます。

そのため、後期食では、鉄を意識して取り入れていく必要があります。
そして、栄養の供給源は、離乳食です。

食事から栄養をとれるように、食べる練習をしていく必要があるのですね。

●母乳やミルクは続けてOK。

babyFTHG7369_TP_V

たしかに、母乳やミルクでは、栄養が不足してきます。
かといって、やめる必要はありません。
いつまでもほしがる場合がありますし、2歳頃になっても欲しがる子もいます。

これは、赤ちゃんにとって、おっぱいを飲むということは、気持ち的な安心にもなるからです。

もちろん、栄養は足りてないですし、ほぼ水になりますが、
気持ちが落ち着く、という目的や役割もあります。

ただ、あまり飲み過ぎて、おなかがいっぱいになり、離乳食が食べられない…
ならないように、バランスをみてあげてくださいね。

●ママの心の準備が出来たら、始めてみましょう

21adbc8097df353940ae99a463ac86d0_m

たしかに、離乳食が始まるのは面倒くさいです!
5ヶ月を過ぎて、ママの心に余裕が出来てから始めましょう。
心に余裕がないと、離乳期はつらいものになります。

今後、あなたが頑張らずに、ストレスをためずに離乳食を進めていくために…
一ミリでもいいので、一歩踏み出してみる気持ちが、今後の離乳期を、ラクにしてくれます♪

ABOUT ME
あつみ先生
あつみ先生
こんにちは!男性保育士のあつみです。 普段は本家サイト「あつみ先生の保育日誌」にて、 保育士向け&保護者さま向けの情報を発信しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク