離乳食の基礎知識

【ゴックン期】離乳食を嫌がる原因は?あげ方?味?固さ?スプーンの感触?機嫌?|初期食(5ヶ月~6ヶ月)

離乳食を嫌がるのは当然。
初めての食べ物を、口に突っ込まれるなんて、
赤ちゃんにとっては、未知の経験、一大事なのです!

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

5ヶ月を過ぎ、離乳食をはじめたけれど、
赤ちゃんが、離乳食を嫌がって食べてくれない、
口に入れてもベーっとだす…

でも、それって当然の事なんです。
飲む以外の、食べるという行為も初めてですし、
母乳以外の「食べ物」って、赤ちゃんにとっては、未知のものなのですから。

■離乳食を嫌がる原因は?

6a472ff230e89e10cbd091e8e5de9199_m

離乳食を始めた頃って、練習・慣らし期間です。
嫌がっているわけではなくて、初めてで怖いんだろうな、と考えてあげてください。
工夫を凝らして、ハードルを下げてあげましょう。

●まだ離乳の段階ではない

47dee3b2a68229a3c792c661c75ad35e_m

離乳食開始の目安時期は5ヶ月頃~ですが、個人差があります。
哺乳反射(おっぱいに反射的に吸い付く能力)がだんだん減ってくる頃が、離乳開始の合図です。
しかし、赤ちゃんによって、その時期は様々です。

単純に、まだ早いという可能性もあります。
最悪、6ヶ月のうちにスタートできればOKです。

●離乳食のあげ方が嫌な場合

131d7204152a19d72c44ec79147de732_m

離乳食をあげる時って、当然のようにスプーンであげますが…
このスプーンを口に無理矢理、突っ込まれるのが嫌な子もいます。

無理につっこまずに、下唇に、スプーンを乗せてあげましょう。
すると、赤ちゃんは自分で、上唇をつかって、食べ物を取り込みます。

まだ慣れない、離乳食を、突然、無理矢理突っ込まれるよりも…
自分でゆっくり取り込んだほうが、食べやすいですよね。
自分で食べたいという気持ちも育ちます。

※ちなみに、上記写真の、上あごに押し付ける食べさせ方は、典型的なダメな例です笑

●離乳食の味が嫌な場合

ea8d714675901ab1ea292971b89ede2e_m

生まれてから今まで、母乳やミルクしか飲んでこなかった赤ちゃんです。
おかゆの味に、慣れていない…という場合もあります。

そういう時は、無理してそのまま食べる事もありません。
なんなら、おかゆ等にミルクなど加えて、ミルク風味の「ミルクがゆ」でもOK。

慣れた味で、挑戦のハードルを下げていくと、進みやすかったりしますよ。

●固さ、食感が嫌な場合

9f966f2e44ee8344be73312d53942194_m

前述した通り、赤ちゃんは、母乳やミルクといった、液体しか飲んだことがありません。

食べ物というのは、初めての食感です。
違和感を感じるのは当然ですよね。

赤ちゃんによっては、サラっとした液体に近い形状(トロトロペースト)が食べやすい子もいれば、
ある程度、ポテっとしていたほうが、食べやすい子もいます。
水分量の調整や、片栗粉等で、調整しやすいので、工夫の余地は大きいですよ。

本当に、これはみんな違いますので、いろんな固さにして、工夫してあげてくださいね。

●スプーンの感触が嫌い

55401837abe0d5d15f0b177715218f86_m

あかちゃんによっては、口の中に入ってくるスプーンの感触が嫌な子もいます。
中には、特定の素材を嫌がる赤ちゃんもおりまして…

赤ちゃん用のスプーンって、様々な形状、素材があります。
シリコン、木製、ステンレスなど…

スプーンの素材を変えただけで、食べるようになった事例もあります笑

●赤ちゃんの機嫌が悪い

1a1faa2482145c5b97e165a947943f86_m

初めて出会う離乳食で、未知の体験なのに、
機嫌が悪いと、離乳食を受け入れる余裕もありませんよね。

食べさせてあげなきゃ…という責任感もあると思いますが、
お互いに、プレッシャーになるとしんどくなるので、無理はしないでくださいね!

■責任感が強いママへ。離乳食は、肩の力を抜いていいのです!

21adbc8097df353940ae99a463ac86d0_m

これ、本当に、責任感が強い、赤ちゃん思いのママに多いのですが…

  • 「5ヶ月を過ぎたから、ちゃんと離乳食を始めなくちゃ!」
  • 「ちゃんと、毎日手作りしなくちゃ!」
  • 「目安通りに、食べれるようにならなきゃ!」
  • 「同じ月齢なのに、他の子より遅れてる…はやく追いつかなきゃ!」

と言ったように、
赤ちゃんの事を思うあまり、責任感を感じて、
しっかり、ちゃんと離乳食を進めようと思いがちです。

でも、赤ちゃんって、非常に個人差が大きいです。
ママにも、赤ちゃんにも、心の準備や余裕が必要です。

ちゃんとポイントを抑えていれば、離乳食は力を抜いてもOK!
ママも、赤ちゃんも、50点で十分なんですよ♪

●嫌がるのは当然で当たり前のこと

おっぱいは、あんなに飲むのに…どうして食べてくれないんだろう…となりますよね。
赤ちゃんには生まれつき、母乳を吸うための、哺乳反射が備わってます。

でも、食べるのは必ず練習が必要なのです。
実は、食べるという動作は、大人は当然に出来ていますが、
あかちゃんにとっては、ものすごく複雑で、高度な動作なんです。

ゆっくり、付き合っていきましょうね♪

ABOUT ME
あつみ先生
あつみ先生
こんにちは!男性保育士のあつみです。 普段は本家サイト「あつみ先生の保育日誌」にて、 保育士向け&保護者さま向けの情報を発信しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク