初期食|ゴックン期(5ヶ月~6ヶ月)

写真付き離乳食レシピ♪トマトと鯛(たい)のトロトロの作り方|初期食(5ヶ月~6ヶ月)ゴックン期向け

この記事では、離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)のゴックン期のレシピである、
「トマトと鯛のトロトロ」の作り方を、調理工程の写真付きで分かりやすく解説しております。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

今回は「トマト」「鯛(たい)」を使った初期食(5ヶ月~6ヶ月)レシピ、
【トマトと鯛のトロトロ(すりつぶし)】を作ってみました。

今回参考にしたのは、下記のレシピ本でございます。

はじめてママ&パパの離乳食の39ページに掲載されております。

■トマトと鯛のトロトロの作り方|離乳初期(5ヶ月~6ヶ月)

18-03-29-22-11-36-660_deco

今回の離乳食レシピは、鯛(たい)とトマトを使ったものです。

トマトからはビタミンやミネラルがとれ、鯛からは、たんぱく質がとれます。
トマトの味は、好きな赤ちゃんが多いです。
程よい酸味とうまみがあり、赤ちゃんの食欲もアップし、パクパク食べてくれますよ。
たいは、脂肪が少ないので、内臓への負担も小さく、うまみがあり、離乳食にも使いやすいです。

離乳食を進めるにあたり注意事項としまして…

  • 離乳初期(5ヶ月~6ヶ月)の食事回数は、1日1回です。
  • 午前中(10:00頃~)に行うようにしましょう。
  • 新しく挑戦する食材は1日1品目です。
    (特定の食品のアレルギー反応を見るため)

上記のポイントにお気を付けくださいませ!

■トマトと鯛のトロトロの材料と作り方

●トマトと鯛のトロトロの材料&調理器具

18-03-29-22-04-11-535_deco

●材料

  • 鯛 5グラム(刺身用1/2切れ程度)
  • トマト 10グラム

●調理器具

  • すりばち・すりこぎ(うらごし器でもOK)

●カットしたトマト茹でる

18-03-29-22-05-05-449_deco

トマトを茹でる事で、柔らかくします。

ちなみに、ゆで時間を長くすれば、トマトの酸味が軽減します。
酸味が苦手な赤ちゃんの場合は、加熱時間を少し長めにとってあげましょう。

18-03-29-22-05-33-675_deco

次に、トマトの皮とタネをとります。
離乳食では、しっかり皮と種をとってあげましょう。
茹でることによって、トマトの皮は、つるんと向けます。
たねもしっかりとりましょう。

★トマトをうらごし器にかけていく

18-03-29-22-06-27-800_deco

柔らかくなったトマトを、うらごし器にかけていきます。

18-03-29-22-07-14-150_deco

ちなみに、たねと皮を取らずにそのままこしても、
上記のように、タネや皮が残り、ちゃんとトマトペーストが出来ます。

18-03-29-22-07-58-433_deco

●鯛を茹でて柔らかくし、すりつぶす

18-03-29-22-08-40-472_deco

次に、たいを、柔らかくなるまで茹でて行きます。

18-03-29-22-09-23-071_deco

すり鉢とすりこぎをつかい、たいをすりつぶしていきます。

18-03-29-22-10-06-315_deco

この際のポイントとしては、ゆで汁を少しずつ加え、なめらかにしていく事です。

18-03-29-22-10-45-688_deco

今回、ゆで汁を小さじ5ほど、加えております。
これで、鯛のすりつぶしの出来上がりです。

●トマトペーストに、鯛のすりつぶしを添えて完成

18-03-29-22-11-36-660_deco

最後に器に、トマトペーストと、鯛のすりつぶしを盛り付けます。

これで、トマトと鯛のトロトロの完成です。

ABOUT ME
あつみ先生
あつみ先生
こんにちは!男性保育士のあつみです。 普段は本家サイト「あつみ先生の保育日誌」にて、 保育士向け&保護者さま向けの情報を発信しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク