初期食|ゴックン期(5ヶ月~6ヶ月)

写真付き離乳食レシピ♪豆腐ペーストの作り方|初期食(5ヶ月~6ヶ月)ゴックン期向け

この記事では、離乳食初期(5ヶ月~6ヶ月)のゴックン期のレシピである、
「豆腐のペースト(とろとろ)」の作り方を、調理工程の写真付きで分かりやすく解説しております。

こんばんは!
男性保育士のあつみです。

今回は豆腐を使った初期食(5ヶ月~6ヶ月)レシピ、【豆腐ペースト】を作ってみました。
片栗粉を加えない、サラサラバージョンと、
片栗粉を加えた、とろとろバージョンの2パターン、紹介いたします。

今回参考にしたのは、下記のレシピ本でございます。

はじめてママ&パパの離乳食の32ページに掲載されております。

■豆腐ペーストの作り方|離乳初期(5ヶ月~6ヶ月)

定番の材料である、豆腐をペーストし、とろみをつけた離乳食レシピです。
今回の離乳食レシピのメイン材料である、大豆製品である豆腐。
豆腐はたんぱく質源食材
であり、植物性たんぱく質を豊富に含んでいます。

豆腐は【初期食|ゴックン期(5ヶ月~6ヶ月頃)】の後半から使えます。

離乳食をスタートして一ヶ月ほど経った頃にスタートする事が多いです。
おかゆや野菜に慣れてきたら、豆腐などをプラスしてみましょう。
火を通して、殺菌してから使います。

■豆腐ペーストの材料と作り方

●豆腐ペーストの材料&調理器具

18-03-29-21-39-09-916_deco

●材料

  • 絹ごし豆腐(15グラム)
  • だし(適量)
  • 水溶き片栗粉(少し)

●調理器具

  • すりばち・すりこぎ(うらごし器でもOK)

●カットしたかぼちゃを茹でる

18-03-29-21-39-54-410_deco

豆腐は、火を通してから使います。
赤ちゃんが口にするものですので、殺菌が必要です。
カットした豆腐を鍋で1~2分茹でていきましょう。

●茹でた豆腐をつぶしてなめらかにする

18-03-29-21-40-22-315_deco

すりばちとすりこぎ、または裏ごし器などを使い、豆腐をつぶしていきます。
この際、だし汁を加えながら、なめらかに伸ばしていきます。

18-03-29-21-41-00-096_deco

片栗粉を加えずに、サラサラの豆腐ペーストであれば、これで完成になります。

18-03-29-21-41-32-727_deco

ここに片栗粉を加えれば、とろとろ豆腐にする事ができます。

●水溶き片栗粉を加え、とろみをつける

水溶き片栗粉を加え火にかけて、とろみをつけていきます。
なめらかでとろみのついたペースト状になれば、完成です。

豆腐ペーストは、他の野菜などペーストと混ぜても美味しいです!
組み合わせやすいので、応用&アレンジしてみてくださいね。

■離乳食を進める時の注意事項

離乳食を進めるにあたり注意事項としまして…

  • 豆腐の原料である大豆はアレルギー特定原材料に含まれます。
  • 離乳初期(5ヶ月~6ヶ月)の食事回数は、1日1回です。
  • 午前中(10:00頃~)に行うようにしましょう。
  • 新しく挑戦する食材は1日1品目です。
    (特定の食品のアレルギー反応を見るため)

上記のポイントにお気を付けくださいませ!

ABOUT ME
あつみ先生
あつみ先生
こんにちは!男性保育士のあつみです。 普段は本家サイト「あつみ先生の保育日誌」にて、 保育士向け&保護者さま向けの情報を発信しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク